出産後

お腹の中で、胎児が成長してくると同時に、母体の骨盤も開いたり歪んだりしてきます。 お腹の中で胎児が動くだけでも、わずかに骨盤が開き歪んできます。

さらに、出産予定日が近づくと、ホルモンの影響で子宮口が柔らかくなり、恥骨結合も少しずつ開き始めます。このとき、赤ちゃんは横向きになり、骨盤内に入ってきます。出産が始まり赤ちゃんが誕生する時、赤ちゃんは母体の背中側へと向きを変えて、排臨の状態になります。この時赤ちゃんは後頭部が恥骨に引っかからない様に、あごをぐっと上げて恥骨を通過します。

骨盤は赤ちゃんが誕生するまで様々な動きをすることにより恥骨がゆるみ、 産後の骨盤は必然的にゆるみきった状態になってしまうのです。

骨盤が緩み開いた状態で何年も過ごすと、 太りやすい体質になったり、ストレスが溜まりやくなったり、ひどい時には育児に負担が かかる厄介な腰痛などの痛みを引き起こすこともあります。

妊娠中や出産後は、骨盤が歪むだけではなく、骨盤の底を支える大切な筋肉「骨盤底」が傷ついたり、たるんできたりします。

そのまま放置した状態で過ごしていると、 年齢的な筋肉の衰えも加わり、骨盤底がさらにゆるんだ状態になり、将来「尿漏れや尿失禁」を引き起こす骨盤臓器脱の原因になるといわれております。

美容面においては、骨盤が広がることでお尻 周りに脂肪がつきやすくなります。姿勢も悪くなり、同時に垂れ尻の原因や、お尻・ウエストが自然と大きくなってくることもあります。

これらは骨盤の歪みが原因で起こっている症状です。骨盤が出産の時に破壊されるのです。その後きちんと骨盤のゆがみを戻したら良いのですが、大抵の方が育児に追われて忙しいため、骨盤が歪んだままというのが現状です。そのために腰が痛い・首が痛い・膝が痛い・太ったということになってしまいます。

出産後に出来るだけ早期に 歪んだ骨盤を戻しておくことは、健康やプロポーションを保つ・さらにはダイエット効果にもつながるのです。

また、産後の骨盤の歪みを 正すことで、血液やリンパも スムーズに循環しだし、筋肉の働きも、自然治癒力が高まることで 正常な状態へと近づいてくるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。